おしながき

[カレーそば] 1,000円(税込)

[明太子そば] 1,000円(税込)

毎朝、豊洲市場で仕入れた鮮魚のアラ骨を丹念に焼き、じっくり炊き出して出汁を取り、鶏白湯を合わせた独特の味わいです。
コラーゲンがたっぷりのスープは旨味の宝庫でありヘルシーさ満点です。
スープがなくなり次第、閉店とさせて頂きますので、よろしくお願い致します。

期間限定品

カシムラでは季節毎、お値打ち食材入荷毎に限定商品の提案をさせて頂いております。
ぜひお楽しみ下さい。

[豚バラ軟骨カレー麺]
期間限定品 980円(税込)

「あら焼鶏白湯スープ」で調味した「カレーソース」は
止まらない味わいw「〆めし」も忘れずに!!
柔らかお肉と乱切麺でボリューム満点!!

[青柳(バカ)貝の塩そば]
期間限定品 890円(税込)

身は驚くほど柔らかく、旨味はハマグリ以上!
とてもジューシーな味わい
通称「バカ貝」とも呼ばれる青柳ですが、味は超優秀!
寿司ネタとしてお馴染みです。

■過去の期間限定商品
焼あなごまぜそば、落ち鮎そば、蜆そば、うにまぜそば、味噌鮟肝そば、冷し蛤そば、麻婆明太まぜそば、蟹バターそば、蛤そば、蟹卵そば、鴨そば、牛煮込みカレー麺、北海道産秋鮭の味噌そば、春の蛤そば、冷し担々、青柳貝の塩そば、下仁田葱と安納芋広島県産牡蠣の味噌そば、春野菜の牡蠣塩そば、いかまぜそば、牡蠣味噌そば、汐留ブラック、焼蛤まぜそば、柳葉魚卵まぜそば、冷やし海苔まぜそば、下仁田葱と白菜の牡蠣そば、紀州南高梅の冷しそば、明太子そば、冷し中華、サンマそば…etc

あら焼鶏白湯カシムラ Face Book
 
本日のあら、限定商品を告知しております。是非フォローしてください!!

店主より ~カシムラ生い立ち~ひとこと

■はじまりは弁当屋の「賄い」でした。
カシムラの姉妹店は近所にある「お弁当のかわの」。
毎日豊洲市場で仕入れる鮮魚を使用し、味噌漬や塩焼を弁当用に調味しております。
その際に出る「あら」で賄いラーメンを作った事。
そこからすべてが始まりました。

■試作の日々
入荷する魚は多種多様で賄いで作るだけなら問題はないのですが、試作を重ねる度に同じコンディションで作る事。
鮮魚主体のスープを作り上げる為に必要な素材の安定的な入手の難しさの壁に突き当りました。


■決心
「当日入手できる素材で最高のスープを作ろう」

■鮮度保持
通常「あら」は捨ててしまうのですが、カシムラでは鮮魚同様に「仕入」しております。
理由は捨ててしまう箇所だからこそ扱いが雑になってしまうから。
「氷」を敷き詰め、鮮魚同様の扱いで入荷します。

■コンベクションオーブン
蒸しながら焼き上げる、一瞬矛盾しているように聞こえますが、それを可能としたのが「コンベクションオーブン」の功績です。
ただ単純に焼き上げるだけではなく、この絶妙な加減がコラーゲンを損なわず香りよいスープが出来上がるポイントです。

■あら焼鶏白湯スープ
水:鮮魚は同量、同時並行で鶏白湯スープを炊き上げ、最後の最後に合わせます。
その後冷却し、一晩置いた後、小鍋に移し加熱し使用。
繊細なスープの酸化を防ぎます。

■ごまかしません
カシムラではスープを炊き出す際に臭み消しの香味野菜や日本酒等は一切使用しておりません。
また、背油等一切加えず、純粋に素材から出た旨みで構成されております。
あら+鶏だけ!
豊洲市場に近く、当日仕入れの鮮魚あらを使用できるからこそ調味できる贅沢スープと言えます。

■具
岩手産鶏むね肉は低温調理でしっとりと、スペイン産イベリコ豚は柔らかく仕上げております。
ネギは京都亀岡産西陣屋九条葱、メンマ台湾産の完全発酵メンマ、野菜はすべて豊洲市場から

■麺
そば類にはスープのノリが良く「パキポキ」と啜れる「ストレート細」を使用。
つけ麺、カレーそば、明太子そばには絶妙なすすり具合の「太麺」を使い分けております。



■店主経歴
茨城出身
名前が橿村で「カシムラ」と命名。
飲食畑をひたすらと某ラーメン店にて修行を重ね、スジ■ー改めスジ田中開店、その後大人の事情で閉店。
どちらかと言えば無口であまり愛想よくありませんが、よく言えば硬派だと自分では思っております(笑)。
これからも骨々と真面目に美味しいラーメンを迅速に提供致しますので、今後ともよろしくお願いします。

店主 橿村和美(カシムラ)